和風セクキャバの街

笑顔の女性

ここでは上野を推していますが、もちろん花の大東京、セクキャバのある歓楽街はほかにもたくさんあります。
それこそ新宿、あるいは池袋でもセクキャバの店舗は見つけることができるでしょう。都心から離れた立川市あたりにも、セクキャバのあるエリアが存在するようです。東京都に身を置いている限り、身近なところで必ずセクキャバを利用できる、そんな状況になっているわけです。

では、上野のセクキャバは具体的にどのような感じになっているのでしょうか?あえて新宿でも池袋でもなく、立川でもなく、ここで上野を推している理由は何なのでしょうか?それは、ここでならたくさんの「和風セクキャバ」を利用することができるからなのです。
和風セクキャバとは、語感ですでにすべてを語っている感じがしますが、要するに「和」の雰囲気を基調としたセクキャバのことです。
上野のお山に鎮座する西郷どんの銅像は浴衣姿に犬を連れており、上野の寛永寺は徳川家の菩提寺、というわけでこのエリアにはそもそもそこはかとなく古き良き歴史の香りがただよっているのです。そんな土地柄なので、和風セクキャバも数多く存在しているというわけなのです。
和風セクキャバは、店内の装飾が和の雰囲気で統一されています。畳敷きのブース席で、和服の下着である襦袢を身につけた女の子とイチャイチャできる、それが和風セクキャバというところです。
「和のエロスが好き」そんな人にとって、上野のセクキャバは外せないものということになるでしょう。